2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 夏の柏島。 | トップページ | 鋸山 海の見える頂と岩の遺跡。 »

2016年9月10日 (土)

瑞牆山 みずがき山自然公園から富士見平周回

深田久弥は、著書「日本百名山」の中で、この山のことを次のように述べています。
「この山は岩峰の集合体とでも言うべきか。
(中略)まるで針葉樹の大森林から、ニョキニョキと岩が生えているような趣である。」
 
3週間ぶりとなる今週のお山は、瑞牆山(みずがきやま・標高2230m)。
日本百名山登頂18座目。
 
瑞牆山は、富士見平か大日小屋でテン泊して金峰山とセットで登るつもりだったのですが、
なかなか天候に恵まれず、今回日帰りで実行。
 
一般的なのは瑞牆山荘から富士見平小屋を経由して山頂に至るルートですが、
単純往復するだけではつまらないし、瑞牆山の北西中腹にある不動滝も見てみたかったので、
一般ルートとは反対側のみずがき山自然公園から不動滝を経て山頂へ登り、
富士見平小屋へ下る周回ルートとしました。
 
不動滝は高さ10m強くらいのナメ滝。
迫力というより一枚岩の岩壁を、水が空気を孕んで白糸のように滑り落ちる美しい滝でした。
 
登頂してみると、頂上は先行者が3人だけ。
岩の上に座って青空の下、金峰山、富士山、南アルプス、八ヶ岳まで一望。
ただ、頂上に着いて15分ほどすると雲が沸いてきて眺望を隠してしまったので、ギリギリのタイミングでした。
しばらく待ってみましたが、晴れる気配もなく、人も多くなってきたので下山開始。
 
山頂から富士見平小屋に下りるまではたくさんの登山者とすれ違いましたが、往路の山頂までで会ったのは一人、
富士見平小屋からみずがき山自然公園へ戻るまでは誰とも会わずの静かな山歩き。
 
累積標高差835m、総行程10kmの山行でした。
 
20160910_001
瑞牆山のシンボル、大ヤスリ岩の向こうに南アルプス。
 
20160910_002
山頂近くの五丈岩が目立つ金峰山と雲海の向こうの富士。
 
20160910_003
佐久盆地を覆う雲海からそびえる八ヶ岳連峰。
 
20160910_004
大ヤスリ岩。
 
20160910_000
不動滝。
 

« 夏の柏島。 | トップページ | 鋸山 海の見える頂と岩の遺跡。 »

写真」カテゴリの記事

コメント

つね様 こんにちは(^^♪
昨日は、思い出に残る一時を共有させて頂き、ありがとうございました♪

ブログを早速更新されていることにビックリ、山頂からの眺望が素晴らしいですね。
美しい写真を拝見していたら、思わず山頂に訪問しなかった事への後悔の念が・・・。

更には他山の綺麗な写真に二度びっくり、加えて美しい水中作品群に三度ビックリ。
楽しみなブログがまた一つ増えました。今後時々お邪魔致しますね(^^♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏の柏島。 | トップページ | 鋸山 海の見える頂と岩の遺跡。 »