2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月15日 (土)

黒斑山 カラマツの紅葉に彩られた湯の平から外輪山周回

今週は浅間山へ。
ただし、浅間本峰とその周囲2kmは火山活動のため立入禁止となっているので、
浅間山の裾野に広がる湯の平と外輪山の稜線を周回する山行です。
 
朝5:30、出発地の車坂峠に到着。明るくなると同時に出発。
外輪山の稜線まで標高差300mを登り、まずはトーミの頭(かしら)と呼ばれるピークへ。
ここからは、北へ続く外輪山の稜線と、眼下に広がる湯の平、そして目の前にそびえる浅間山を一望。
少し進むと、湯の平へと下る「草すべり」への分岐。急勾配を九十九折に下っていきます。
湯の平はほとんどがカラマツの天然林となっており、秋になると黄葉して黄金色に染まります。
 
今年は天候不順の影響で、鮮やかな黄金色とはいかず、「いぶし銀」ならぬ「いぶし金」という感じでしたが、
久々の快晴の空と太陽に照らされたカラマツ林は、なかなかのものでした。
 
湯の平を奥まで進み、岩場の登山道を登って再び外輪山の稜線へ。
ここから鋸岳、仙人岳、蛇骨岳、黒斑山とピークを踏んでトーミの頭まで戻ります。
火山らしい岩峰・岩壁が連なる浅間外輪山の稜線は、日本アルプスを彷彿とさせる格好良さ。
 
楽しい稜線歩きを終えると、樹林帯の道で車坂峠へと帰還。
行動時間6時間、累積標高差約760m、総行程約10.5kmの山行でした。
 
20161015_000
黄葉したカラマツ林の彼方にそびえる仙人岳(標高2320m)。
 
20161015_001
浅間外輪山の岩壁。火山らしい荒々しさ。
 
20161015_002
黄葉したカラマツが敷き詰められた湯の平と外輪山の稜線。
彼方には八ヶ岳連峰のシルエット。
・・・八ヶ岳のさらに向こう、写真左奥には、南アルプスの女王、仙丈ケ岳のシルエットが。
 
20161015_003
外輪山稜線からの浅間山本峰。
 
20161015_004
黄葉に染まった湯の平と浅間山。
火口からは盛大に噴気が立ち上り、全国屈指の活火山らしい姿です。
 

2016年10月10日 (月)

那須岳・姥ヶ平の紅葉

先週に続いて、那須岳の紅葉を撮る山歩き。
今週はいよいよ、那須岳でも最もメジャーな紅葉スポット、茶臼岳中腹に広がる姥ヶ平が紅葉ピーク。
天気予報では天候も晴れ・・・となると、当然ながら超混雑必至。
 
駐車場と登山道の混雑を回避するため、一般の登山道とは反対側の沼ッ原湿原から、
白笹山、南月山を経て茶臼岳に至るルートで出撃。
 
夜明け前の朝5時、沼ッ原駐車場に到着。
夜明けを待って出発の準備をし、午前6時前、出発。
約1時間40分で、南月山(標高1776m)登頂。那須連山の稜線越しに茶臼岳を望むことができます。
しかし、茶臼岳は雲をまとっており、頭上も雲多め。
 
火山らしい荒涼とした稜線を進み、30分で茶臼岳の中腹、牛ヶ首へ到着。
ここはロープウェイの駅からも近いため、それまでの静かな山行から一転、人だらけです。
しかし、茶臼岳の雲はまだ晴れない・・・。
ここで、茶臼岳に登ってみるか、姥ヶ平へ降りて雲が晴れるのを待つか、しばし悩む。
 
・・・今日の目的は紅葉、姥ヶ平へ降りて晴れ待ちをすることに。
姥ヶ平に椅子を広げ、茶臼岳を見上げること30分。雲が薄くなり、やがて青空が・・・!
 
噴気を上げる茶臼岳の岩壁を背景に、姥が平の紅葉が映える絶景を堪能。
しかし、晴れ間は長続きせず、15分ほどで再び茶臼岳は雲の中に消えました。
全体に空の雲も厚くなり、これ以上待ってもダメと判断して下山。
 
最後に、草紅葉の沼ッ原湿原を歩いて駐車場へ。
行動時間5.5時間、累積標高差約600m 行程約11kmの山行でした。
 
20161010_000
南月山から見た茶臼山。山腹の紅葉も今が盛り。
 
20161010_002
噴気と雲をまとった茶臼岳。
 
20161010_001
姥ヶ平の紅葉と茶臼岳。
噴気を上げる火山らしい姿と、紅葉のコラボレーション。
 
20161010_004
紅葉に染まる沼ッ原湿原。昭和天皇もこの湿原を大変気に入られ、
那須御用邸滞在の折には良く足をお運びになったとのこと。
 

2016年10月 2日 (日)

那須・三本槍岳 秘湯「北温泉」から中の大倉尾根を行く

先週の鬼怒沼は草紅葉でしたが、
今週のお山から紅葉を追いかける山行の始まりです。
 
最初の目的地に選んだのは、那須岳の最高峰、三本槍岳(標高1917m)。
関東近辺では紅葉が最も早い場所の1つです。
メジャーな茶臼岳方面はまだ色づきが進んでいない情報でしたが、
三本槍方面の方が早く色づきが進んでいる情報をキャッチしたので、
秘湯、北温泉から登るルートで行ってきました。
 
天気予報では晴れるはずだったのですが、頭上は雲多め。
標高を上げていくと、標高1600mくらいから色づいた木々がちらほらと目立ち始めます。
 
出発から2時間半で三本槍岳山頂到着。しかし、展望はガスで真っ白。
晴れそうにないので、少し引き返して、清水平と呼ばれる湿原へ。
やや乾燥気味で、湿原というより、台地上の草原といった感じですが、色づいた木々に彩られた周囲の山々を見渡すことができます。
晴れていれば色も映えたでしょうに、頭上は雲。無念であります。
 
下山を開始すると、ようやく雲が切れ始め、日差しが。しかし、晴れ間は下山方向の東側斜面だけ。
那須岳の頭上には相変わらず雲が居座っていますが、貴重な日差しのおかげで、鮮やかな紅葉とその向こうにそびえる鋭鋒、朝日岳(標高1896m)の姿が。
 
下山後、駐車場の車に荷物を置いて、奥那須の秘湯、北温泉へ。
江戸時代の建物が残るという古い温泉場は、時間が止まったような独特の雰囲気でした。
 
20161002_000
紅葉に彩られた尾根の向こうに、鋭鋒「朝日岳」の雄姿。
 
20161002_001
見事に色づいた鬼面山の斜面。
 
20161002_003
青空に映える紅葉。
 
20161002_002
青空は少しだけでした。

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »