2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 鬼怒沼 草紅葉の高層湿原と滝をめぐる | トップページ | 那須岳・姥ヶ平の紅葉 »

2016年10月 2日 (日)

那須・三本槍岳 秘湯「北温泉」から中の大倉尾根を行く

先週の鬼怒沼は草紅葉でしたが、
今週のお山から紅葉を追いかける山行の始まりです。
 
最初の目的地に選んだのは、那須岳の最高峰、三本槍岳(標高1917m)。
関東近辺では紅葉が最も早い場所の1つです。
メジャーな茶臼岳方面はまだ色づきが進んでいない情報でしたが、
三本槍方面の方が早く色づきが進んでいる情報をキャッチしたので、
秘湯、北温泉から登るルートで行ってきました。
 
天気予報では晴れるはずだったのですが、頭上は雲多め。
標高を上げていくと、標高1600mくらいから色づいた木々がちらほらと目立ち始めます。
 
出発から2時間半で三本槍岳山頂到着。しかし、展望はガスで真っ白。
晴れそうにないので、少し引き返して、清水平と呼ばれる湿原へ。
やや乾燥気味で、湿原というより、台地上の草原といった感じですが、色づいた木々に彩られた周囲の山々を見渡すことができます。
晴れていれば色も映えたでしょうに、頭上は雲。無念であります。
 
下山を開始すると、ようやく雲が切れ始め、日差しが。しかし、晴れ間は下山方向の東側斜面だけ。
那須岳の頭上には相変わらず雲が居座っていますが、貴重な日差しのおかげで、鮮やかな紅葉とその向こうにそびえる鋭鋒、朝日岳(標高1896m)の姿が。
 
下山後、駐車場の車に荷物を置いて、奥那須の秘湯、北温泉へ。
江戸時代の建物が残るという古い温泉場は、時間が止まったような独特の雰囲気でした。
 
20161002_000
紅葉に彩られた尾根の向こうに、鋭鋒「朝日岳」の雄姿。
 
20161002_001
見事に色づいた鬼面山の斜面。
 
20161002_003
青空に映える紅葉。
 
20161002_002
青空は少しだけでした。

« 鬼怒沼 草紅葉の高層湿原と滝をめぐる | トップページ | 那須岳・姥ヶ平の紅葉 »

写真」カテゴリの記事

コメント

山頂からの展望は残念、でも、良い感じに色付いていてとっても綺麗です(^^♪
同時に、既に紅葉の時期だということに気付き、何かしんみり(笑)
ついこの間「新緑だぁ」と喜んでいたのに・・・、時の流れが速すぎる・・・
って、すいません、ほとんど独り言になってしまいました(笑)
それにしても、つね様とってもパワフルですね~(^^♪

夏山の季節があっという間に終わり、すでに秋山・・・
しかし、今年は天候が安定せず、なかなかいきたいと思っていた山に行けない夏でした。
結局、ドンドコ沢にも行けてないですし・・・sad
しかし、これから関東近辺の山々は紅葉が進みます。
紅葉に彩られた滝も良いと思いますヽ(´▽`)/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鬼怒沼 草紅葉の高層湿原と滝をめぐる | トップページ | 那須岳・姥ヶ平の紅葉 »