2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 蓼科山 八ヶ岳ブルーの空と大展望 | トップページ | 谷川岳 天神平より 青空と雲と雪と。 »

2017年2月19日 (日)

宝永山 暴風に耐えた先には、富士の大展望

今回のお山は、富士山の側火山、宝永山(標高2693m)。
東京から富士山を見た時に、左側(南側)の中腹にコブのように突き出している山です。
 
出発は富士登山道・御殿場口。ただし閉山時期で道路も閉鎖されているため、まずは道路を御殿場口まで歩いてからようやく出発。
宝永山は御殿場口登山道を六合目まで登り、枝道に入った先になります。
 
御殿場口から登り始めてすぐに夜明け。手前に雲が沸いていて、凱風快晴とはいきませんでしたが、どうにか朝日を浴びた赤富士の姿を拝むことができました。
 
さて、ここからが地獄。
すでに森林限界をこえているので、展望は良く、目指す宝永山頂も最初から見えています。
しかし、なにしろ巨大な富士山。行けども行けども、目的地が全く近づきません。
しかも徐々に風が強くなり、凍り付いた大砂走りを登り始めた時には風速20m以上の暴風に。
時々一際強い突風が吹き、バラバラと氷の欠片や小石が叩き付けてきます。
出発から4時間以上かかって、ようやく宝永山山頂に到着。
 
目の前には巨大な口を開けた宝永火口、火口の上には厳冬期の富士本峰が白く輝き、まさに大迫力。
振り返れば駿河湾が一望です。
山頂に着いてから10分ほどは不思議と風が止み、大展望を独り占めで楽しむことができました
 
下山は宝永火口の底を経て反対側の第一火口縁から須山口登山道で途中まで下り、御殿場口へと戻るルート。
行動時間約8時間、単純標高差1420m、総行程17.5kmの山行でした。
 
20170219_000
朝日に照らされた富士
 
20170219_001
宝永山と富士本峰
 
20170219_002
宝永山へ向かうリッジライン。
 
20170219_003
宝永第一火口と富士本峰。直径1kmをこえる巨大な火口は大迫力でした。
 
20170219_004
須山口登山道から見上げる宝永第一火口の全景

« 蓼科山 八ヶ岳ブルーの空と大展望 | トップページ | 谷川岳 天神平より 青空と雲と雪と。 »

写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 蓼科山 八ヶ岳ブルーの空と大展望 | トップページ | 谷川岳 天神平より 青空と雲と雪と。 »