2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 宝永山 暴風に耐えた先には、富士の大展望 | トップページ | 武尊山 川場スキー場より大展望の稜線歩き »

2017年2月25日 (土)

谷川岳 天神平より 青空と雲と雪と。

今回のお山は、谷川岳(標高1977m)。
 
標高2000mに満たない山ですが、豪雪地帯である上越国境にそびえ、
厳冬期のこの時期、深さ3m以上の雪に覆われます。
この冬、何度も行こうと狙っていたのですが、気圧配置が西高東低になると、
関東や八ヶ岳方面は晴れるのですが、上越国境は天気が悪い。
しかも、ほとんどの区間が稜線歩きとなるため強風時はダメと、なかなか機会に恵まれず、
しかも、今後3月になって気温が上がると雪崩が怖い、ということで、
多少雲が出る予報ではありましたが、決行しました。
 
谷川岳ロープウェイで標高約1300mの天神平まで登り、尾根に沿って山頂を目指します。
先週もかなり雪が降ったらしく、真っ白な姿の峰々が続く素晴らしい展望。
山頂付近は雲がかかっているものの、多少なりとも晴れることを期待して登ります。
夏は岩場やガレ場で足元が良くない谷川岳ですが、それらがすっかり雪の下に隠れた冬は、
踏み跡さえしっかりあれば、かえって登りやすいくらい。
出発から2時間半ほどで、手前のピーク「トマの耳」(標高1963m)に到着。
しかし、雲は晴れず、展望はなし。
 
人も多いので、そのまま奥のピーク「オキの耳」(標高1977m)へと向かいます。
大きく発達した雪庇に注意しつつ、30分ほどでオキの耳に到着、谷川岳登頂です。
少し頭上に青空がチラチラしてきたので、しばし休憩しつつ雲晴れ待ち。
しかし、多少青空はのぞくものの、展望が開けることはなく、引き返すことに。
その時、雲が流れて、トマの耳とそこに続く稜線の姿が。時間にしてほんの1~2分。
流れる雲の中に、島のように浮かぶ、幻想的な姿でした。
 
肩の小屋まで戻ってみると、そのあたりがちょうど青空と雲の境界。
真っ白だった山頂部とは一転して、青空の下の大展望を楽しみつつ下山。
行動時間5時間、標高差約660m、総行程約7kmの山行でした。
 
20170225_005
峰を越えて流れる雲。ダイナミックな光景です。
 
20170225_004
雪に埋もれた肩の小屋。
 
20170225_003
流れる雲の間に、一瞬、現れたトマの耳と稜線。
 
20170225_000
発達した雪庇が美しいラインを描いています。
 
20170225_002

« 宝永山 暴風に耐えた先には、富士の大展望 | トップページ | 武尊山 川場スキー場より大展望の稜線歩き »

写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 宝永山 暴風に耐えた先には、富士の大展望 | トップページ | 武尊山 川場スキー場より大展望の稜線歩き »