2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月 4日 (土)

武尊山 川場スキー場より大展望の稜線歩き

今週のお山は、上州武尊山(標高2158m)。
夏の登山道は結構な距離があるのですが、冬は川場スキー場のリフトを使って楽ちんに登ることができます。
それでも、リフトトップから山頂までは2時間ほどかかりますが。
 
この山は、群馬県のほぼ中央、赤城山と谷川連峰の間にそびえる2000m級の独立峰。
そのため、山頂からは北関東一円の名だたる名峰のほとんどを見ることができます。
今日は快晴、
赤城山から、榛名山、浅間山、四阿山、苗場山、谷川連峰、巻機山、至仏山、燧ケ岳、日光白根山と一望。
歩き始めてすぐ稜線に出るため、最初から最後まで大展望が続き、カメラのシャッターが止まりません。
また、リフトトップから山頂の間にある剣ヶ峰山(標高2020m)は、
鋭く尖った槍のようなシルエットをしているため、写真に撮った時に良く映え、
色々な角度から何枚も撮影してしまいました。
 
行動時間4時間、累積標高差約500m、総行程約6kmの山歩きでした。
 
20170304_000
剣ヶ峰山からの武尊山山頂と山頂へ続く稜線。
 
20170304_001
剣ヶ峰山と谷川連峰
 
20170304_002
武尊山山頂直下からの谷川岳。
谷川連峰主稜線の奥には、平らなシルエットの苗場山の姿も。
 
20170304_004
尾瀬を見下ろす双耳の名峰、燧ケ岳(ひうちがたけ)
 
20170304_005
波打つ稜線からそびえる剣ヶ峰山

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »