2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月30日 (日)

伊予富士~寒風山 寒風山登山口よりT字縦走

今回から、四国の山歩きの始まり~。
四国初山行は、伊予富士(標高1756m)と寒風山(標高1763m)です。
両山とも石鎚山脈の主稜線に連なる山の1つ。
登山口から石鎚山脈の主脈縦走路がはしる標高1450mの桑瀬峠まで登り、
西へ行けば伊予富士、一旦桑瀬峠に戻って東へ行けば寒風山に至ります。
 
朝6時、寒風山登山口を出発。桑瀬峠までは樹林帯を九十九折れに登っていき約30分。
峠付近は森林限界となっており、一面のササ原が広がっています。
ここから伊予富士までは、ほとんどの区間がササ原の続く展望の良い稜線歩き。
稜線の先には伊予富士の姿がそびえ、南には幾重にも続く四国山地の山々、
北には瀬戸内海を望むことができます。
伊予富士の山頂からは、石鎚山脈の最高峰であり西日本最高峰の石鎚山がよく見えました。
 
桑瀬峠まで下山し、今度は寒風山へ。
寒風山山頂からは、さらに東へ続く石鎚山脈主稜線が良く見え、
隣の笹ヶ峰をはじめとする標高1700~1800m級の山々が続いていました。
 
標高1400m以上は、まだ花も少なく、木々の新芽も開いていない状態。山が華やかになっていくのは、まだこれからです。
行動時間5時間、累積標高差約970m、総行程約9kmの山行でした。
 
20170430_001
伊予富士山頂から東を望む。
稜線の先にある視線と同じくらいの高さのピークが寒風山。
その奥に、笹ヶ峰、ちち山と峰が続く。
 
20170430_002
伊予富士山頂から西を望む。正面一番奥が、石鎚山。
その右側に甕ヶ森、西黒森と1800m級の峰が連なる。
 
20170430_003
伊予富士への登山道。気持ちの良い稜線歩きです。
 
20170430_006
下山後に立ち寄った、仁淀川源流の「にこ渕」。
仁淀ブルーと形容される美しい蒼を湛えた滝壺でした。

2017年4月23日 (日)

四国移住、そして柏島へダイビングへGO

この4月から、四国へ移住。
以前からよくダイビングに行っていたマクロ生物の聖地「柏島」が、

遂にマイカーで週末ダイビングに通える範囲になりました♪
四国移住から3週間目にして、ダイビングへGoです。
自宅から柏島まで片道200km、3時間ちょっとで到着。
まだ水温は18~19℃と冷たいものの、じっくりと生物と向き合うダイビングができました。
これからは毎月1回以上は行けるなぁ♪
 
20170423_000
ピグミーシーホース
春は子育ての季節。背中を向けている個体のお腹が大きいのは、育児嚢に卵を抱えているから。
ちなみに、卵を抱えているのはオスらしいです。
 
20170423_001
コマチコシオリエビ。ウミシダに擬態しています。
 
20170423_003
ジョオウミノウミウシ
 
20170424_000
ミスガイ
貝殻を背負ったウミウシの仲間。
下から突き出している青い管は、口。
これを砂の中に伸ばして、砂の中のゴカイ類を捕食します。
 
20170424_001
外套膜の間からのぞくつぶらな目(眼点)が可愛らしいです。
 

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »