2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« マクロDive in 柏島 | トップページ | 筒上山 シロヤシオ咲く修験の峰 »

2017年5月21日 (日)

西赤石山 アケボノツツジ彩る稜線と産業遺産を巡る

今週のお山は、西赤石山(標高1626m)。
情報では、アケボノツツジが見ごろ(やや終わりかけ?)だということだったので、行ってきました。
 
南面の登山口となる日浦登山口から入山。
この山には、280年に渡って70万トンもの銅を産出したといわれる別子銅山(べっしどうざん)がありました。
明治期から隆盛を極めた鉱山町の遺構の間を縫うように登山道が続いています。
まずは銅山越と呼ばれる稜線へ。さらに稜線上を東へ進み、出発から2時間半ほどで西赤石山登頂。
目当てのアケボノツツジはやや終盤となってはいましたが、なんとか見頃に間に合った感じ。
山頂から北の鞍部に一旦下り、兜岩というポイントから山頂を見上げると、
アケボノツツジのピンク色が稜線を美しく染めていました。
 
山頂に戻って銅山越まで下ると、もう一つの目当ての花、ツガザクラを見に行きます。
ツガザクラは関東や中部の高山ではよく見られますが、
日本ではこの銅山越周辺に生育するものが南限と言われています。
まさに見頃となっている釣り鐘型の可愛らしい花を楽しんで下山。
 
行動時間6時間、累積標高差約900m、距離約12kmの山行でした。
 
20170520_001
西赤石山の稜線を染めるアケボノツツジの群落。
 
20170520_002
山頂直下から見下ろしたアケボノツツジの群落。
茶色い岩が積み重なったピークが「兜岩」、奥には瀬戸内海まで展望できます。
 
20170520_003
アケボノツツジ。関東で見られるアオヤシオの近縁種。
 
20170520_007
ツガザクラ。薄いピンク色のワンポイントが入った可愛らしい花。
日本の南限となる、貴重な個体群です。
 
20170520_010
別子銅山の鉱山町の遺構。当時は最先端のモダンな建築だったのでしょう。
 
20170520_011
吉野川支流大北川の「翁の滝」。

« マクロDive in 柏島 | トップページ | 筒上山 シロヤシオ咲く修験の峰 »

写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マクロDive in 柏島 | トップページ | 筒上山 シロヤシオ咲く修験の峰 »