2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月31日 (月)

東赤石山 夏を彩る希少な花々

今回のお山は、八巻山(1698m)と東赤石山(1706m)。
2週間前にも登りましたが、前回、まだ咲き始めだったオトメシャジンがそろそろ見頃だと期待して。
天気は終日雲の多い予報でしたので、展望はあきらめ、花探しに専念しました。
(一応、山頂は踏みましたが)
 
今回の目的は2つ、見頃になったであろうオトメシャジンと、前回、見つけることができなかったコイチヨウラン。
 
オトメシャジンは、ツリガネニンジンの変種の1つで、
四国、それもこの東赤石山山頂付近のカンラン岩(蛇紋岩)地帯だけでしか見ることができない花。
そして、コイチヨウラン。
こちらは固有種ではありませんが、田中澄江が「花の百名山」の中で、東赤石山の花として挙げた花。
花も小さく、林床にひっそりと咲いている野生蘭です。
 
予報通り、山頂から展望は雲に遮られてダメダメでしたが、
目的としていたオトメシャジン、そしてコイチヨウランも見つけることができ、満足。
 
行動時間7時間、累積標高差約1100m、総行程約13kmの山行でした。
 
20170729_001
オトメシャジン(乙女沙参)
ツリガネニンジンの変種で、東赤石山付近のカンラン岩地帯だけに分布する固有種。
 
20170729_002
コイチヨウラン(小一葉蘭)
田中澄江が「花の百名山」の中で東赤石山の花として挙げた花。
茎の根本に1枚だけ葉を付けることから名づけられた。
 
20170729_004
シコクママコナ(四国飯子菜)
「四国」と名前が付いていますが、四国以外でも見られるようです。
 
20170729_003
イワタバコ(岩煙草)
 

2017年7月17日 (月)

東赤石山 四国屈指の高山植物と岩の峰へ

今回のお山は、八巻山(1698m)と東赤石山(1706m)。
東赤石山は日本二百名山の1座にして、花の百名山にも連なる、四国屈指の高山植物の山。
しかも、高山植物の多い八巻山から東赤石山の稜線は岩峰が城壁のように連なる険しいルート。
 
梅雨の雨に祟られたとは言え、前回の三嶺から1ヶ月も山行をサボッてしまったので、
満を持して久々の岩稜歩きに挑みます。
 
登山口からは、樹林帯の中を沢沿いに上がっていく道。
最初は緩急をつけながら、後半にいくに従って急登になっていきます。
何度かの渡渉と、谷間を腐りかけた丸木橋で渡る部分がありますので、慎重に。
登山口から約2時間半で、標高1560mの山小屋、赤石山荘に到着。
山荘前が飾り付けされていて賑やかだと思ったら、
この週末は山荘30周年記念の祝賀イベントの真っ最中でした。
 
山荘前から稜線に登り、岩峰が連なる稜線を八巻山、東赤石山へと向かいます。
八巻山へは赤石山荘から直登するルートもあるので、
稜線からのルートはやや荒れていて、道が不明瞭な場所もありますが、
よく見れば踏み跡はありますし、岩場のルートファインディングの練習にもなりました。
 
岩場には、赤石山地と石鎚山地の稜線にしか分布しない「シコクギボウシ」の花が最盛期で、
あちこちに美しい紫の花を風に揺らしていました。
久々に登山口から4時間半かけて東赤石山登頂。
下山は東赤石山頂から直接筏津へ。
 
行動時間8時間、累積標高差約1200m、総行程15.8kmの山行でした。
 
20170716_000
連なる岩峰を越えて、一番奥の東赤石山を目指す。
 
20170716_001
八巻山山頂手前から、進んできた道を振り返る。城壁のように連なる岩稜。
 
20170716_002
岩峰を背に咲く妖精、シコクギボウシ。
今がまさに最盛期で、あちこちで可憐な花を咲かせていました。
この赤石山系と石鎚山系のみに分布する固有の花。
 
20170716_003
八巻山山頂より東赤石山を見る。
 
20170716_004
東赤石山山頂からさらに東へ延びる稜線。
瀬戸内海側から沸いた雲を法皇山脈の稜線がせき止めています。
 

2017年7月 5日 (水)

高知・柏島 夏のはじまりの海。

梅雨の晴れ間。生物たちが活発になる夏の始まり。高知大月町、柏島の海へ行ってきました。
水温も25℃近くまで上がっており、ハゼ類動きも活発。
繁殖シーズンを迎えた生物たちの姿もたくさん見られ、存分に撮影を楽しむことができました。
 
170701_001
スジクロユリハゼ 深場に生息する遊泳性のハゼ。
ヒレを開かないと棒のような姿ですが、ヒレを広げたところに光を当ててやると、この美しさ。
 
170701_002
ネジリンボウとヒレナガネジリンボウ。 同じ巣穴に異種間同居しているようです。
長く伸びる第1背びれだけでなく、第2背びれの模様にも違いがあります。
 
170701_004
ピグミーシーホース。見つめあう2匹。
お腹が大きいのは、育児嚢に卵を抱えているから。育児嚢で卵を守るのはオスの役目です。
 
170701_005
口内保育中のキンセンイシモチ。
もう目がわかるくらい成長しているので、ハッチアウトも間近でしょう。
 
170701_006
フィコカリス・シムランス 和名のないモエビの一種。
藻に擬態しており、体長数ミリ。この個体は美しい緑色で写真映えする子でした。
 
170701_007
ホムラハゼ。
穴の奥で動いていたので、ライトを消してしばらく様子を見ていたら、ひょっこり顔を出してくれました。
胸鰭の模様が美しいです。

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »